たけのこ組のソーラン節

11月1日の運動会で、たけのこ組は「ソーラン節」を踊りました。これまでの運動会では、たけのこ組のクラス競技は大縄跳びや組体操などが主流で、ソーラン節を踊ることは初めての試みでした。

ソーラン節の練習は、お泊り保育の準備をしている9月の初めから少しずつ行ってきました。子どもたちは、毎回とても真剣に練習をしていました。曲のテンポが速く、動きはダイナミックなので、一曲通しで躍ると、大人でさえ、とても疲れます。しかし、子どもたちは疲れた様子を見せず、毎回とても楽しそうでした。

今回ソーラン節を選んだ理由は、息子の通う幼稚園の年長組が運動会でソーラン節を披露していて、とてもカッコイイと思ったからです。また、年長組のソーラン節を見た下の組の子どもたちが、憧れの眼差しで一生懸命まねをしようとする姿が素晴らしいと感じたからです。たけのこ組の子どもたちも、きっと力強いソーラン節ができるはずだと信じて、チャレンジしました。運動会当日、たけのこ組の子どもたちは素晴らしいソーラン節を披露してくれました。みんな本当に素晴らしかったです。

(たけのこ組担任 竹村)