INDEX

社会福祉法人 子育ちの里 食と遊

=保育理念=

社会福祉法人 子育ちの里 食と遊は、子どもの最善の利益と福祉を積極的に増進し、その保護者の就労等と地域の子育てを支援するために「葉山にこにこ保育園」を設置・経営する。
社会福祉法人 子育ちの里 食と遊が経営する保育園は社会福祉法の「利用者主権」の理念に基づき、児童福祉法に定める「保育に欠ける」乳幼児の保育を行う。その際には保護者や地域社会との連携を図り、一人一人の子どもの最善の利益と福祉を積極的に増進するために、ふさわしい環境を整え、併せて地域における子育て支援を行う。
保育については、一人一人の子どもの人権や自発性を最大限に尊重し、生涯にわたる人間形成の基礎を培う極めて重要な乳幼児期の子どもに必要な養護と教育を一体的に行う。
また、地域の子育て支援や、葉山にこにこ保育園と保護者及び地域社会との連携、保護者や地域社会の保育に対する理解を広めること等に資するための情報については、積極的かつ自発的に提供を行う。

=保育の基本方針=

社会福祉法人 子育ちの里 食と遊が経営する保育園の保育の基本方針は「保育所保育指針」に依拠する。
職員が保育に臨む基本的姿勢にあっては、子どもの成長しようとする力を信じて、一人一人の子どもの健康と安全に十分配慮しながら、愛情深く関わり、子どもの人権や自発性を最大限に尊重することを第一とする。
また、良質な保育を行うために必要な専門性の向上や、社会人としての良識に研鑽を行い、保育の質の向上のために相互に啓発をする。
保育の実施にあたっては、子どもの最善の幸福を追求する立場から、保護者や地域からの意見や要望等を真摯に傾聴し、保護者と保育者が保育に関する共通理解を図れるように努める。

=保育目標=

保育理念及び基本方針に基づき、以下に掲げる理想像を指標に、子どもが自発的にその理想像に向かえるような保育に取り組む。
1,心身共に健やかな子ども
豊かな自然環境を活かした保育活動の中で歩く・走る・登る・飛ぶなどの基本的な運動機能を身につけ、自分で身体のコントロールが出来るようになる。
園生活の中で、アレルギーにも対応できる安全な食材を使った給食を食べることで、子どもが自発的に健康の維持及び増進を図る知恵をつける。
一貫したリズムのある保育環境のもとで、規則正しい生活習慣を身につけ、自分で身辺処理ができる自律心を身につける。
身近な食材を観察したり、調理や農体験をする中で、食に興味を持ち、食材の命をもらうことで自分が生かされていることを知り命を大切にすることを身につける。
2,信頼しあえる子ども
一人一人の子どもの発達が尊重され、個として守られる中で、自分に対する自信と周囲の人たちに対する信頼感を身につける。
集団での遊びや、異年齢の人との関わり、保育者との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、相手の人権を尊重する思いやりを身につけ、集団行動ができるような力を身につける。
3,感性豊かな子ども
野外活動を通して、自然の中の命あるものの発見や観察・採集の喜びや自然環境を素材にした遊びを体験することで、自然と調和できる体力・知識・生活の知恵を身につける。
自然環境を活かした保育の中で、好奇心を十分に満足させる豊かな体験をとおして、五感への刺激を受け自ら見たり感じたり創造したりして、豊かな創造性や感性を身につける。

○保育の3本の柱
(1)葉山の自然を生かした遊び
(2)健全素材の食事と食育
(3)異年齢のきょうだいグループ

お電話でのお問い合わせ (受付時間:AM7:00〜PM6:00)
メールでのお問い合わせ ※返信に数日かかる場合がございます。